生理前症候群と二人三脚で生きていく|対策と今後の傾向を知る

医療

症状を知る事が大切です

辛い症状が出ます

悩み

生理前になると、体や心に何らかの不調が現れる女性は少なくありません。こういった症状が出た時に、疲れや風邪ではないかと思い込み、過ごしている方も大勢いらっしゃいます。しかし、毎月生理の前になるとこういった症状が出ているといった方は、生理前症候群の可能性があります。生理が始まる前に頭痛や腹痛等の体の不調や、イライラ等の心の不調が出ているのであれば、一度病院で相談してみる事がお勧めです。診察してくれる病院は、産婦人科や精神科、心療内科等があります。こういった症状を説明し、生理前症候群と言われれば、対処する薬やピルを処方してくれます。処方された薬を持っておく事で、毎月辛い症状を緩和する事が出来るので安心です。 生理前症候群の症状は、人によって異なります。さらに症状が出ている期間も異なります。この症状を治す確実な治療法はありません。そのため、症状が出た場合に緩和したり、出る前からホルモンを調整する薬を服用する等の処置がとられます。排卵日辺りから生理が始まるまでホルモンのバランスは次第に乱れがちになります。このホルモンバランスの乱れにより、心身共に何らかの不調が現れるのです。体と心の両方に生理前症候群の症状が現れる方も少なくありません。そのため、病院を受診する際には、全ての症状をしっかりと説明し、辛い症状全てを緩和する事が出来るように薬を処方してもらう事が大切です。

基準の日を決める事です

女性は、月に一度生理が来ます。そのため、ホルモンのバランスが乱れてしまい、何らかの症状が心身に現れやすくなります。これが生理前症候群なのです。今までよく風邪をひく、疲れやすいと感じていた方は、一度自分が生理前症候群ではないかどうかチェックする事がお勧めです。チェックする方法はとても簡単です。生理の日を基準にして生理前十日前後辺りから、何らかの不調が出ていないかをチェックします。そして生理が始まると辛い症状がなくなるかどうかを確認します。両方当てはまっていれば、生理前症候群の可能性が高くなります。 生理が始まる日を基準にして毎日の心身の様子をメモしておくと診察の際にとても判断しやすくなります。さらに症状が毎月同じ症状であるかどうかも知っておくと良いです。例えば、毎月生理一週間前になると一定時間頭痛が続くといった事が分かれば、医師から痛み止めを処方してもらう事が出来ます。外出先でももしかしたら頭痛が起こるかもしれないという時期になれば、痛み止めを持っていれば安心です。こういった診察は、婦人科や精神科、心療内科等で受ける事が出来ます。主に心に不調がよく現れるのであれば、精神科や診療内科でその症状を伝える事で、専門の医師に適切な薬を処方してもらう事が出来ます。毎月辛い症状でお悩みの方は、一度メモをとってみる事をお勧めします。またストレスが生理前症候群の症状が悪化する原因になっていることもあるので、自分が抱えているストレスが何なのかをはっきりとさせることも大事になってきます。ストレスは自分で分かる場合と、無意識にストレスと感じていることがあるので、もし思い当たることがない場合でも、心療内科などの医療機関でカウンセリングを受けながら原因を探っていきましょう。

Copyright©2015 生理前症候群と二人三脚で生きていく|対策と今後の傾向を知る All Rights Reserved.